VW フォルクスワーゲン ㏄

volkswagen フォルクスワーゲンccの天井張替えしました!

画像の通り全体に垂れ下がっている状態です。

ワーゲンの天井の垂れ下がりは多いですがハッチバックに比べてセダンやクーペの作業は難易度が高いです。

時間と工賃を抑えるためウィンドウガラスは外さずに施工しました。

ヘッドユニット、バイザー、アシストグリップ、ピラーなど色々なパーツを外して天井が外れたところです。

この状態から天井を車外に出すのが第一関門です!

取り出した天井を少しめくった状態です。

中のスポンジの層がネバネバになって剥がれています。

一見綺麗に見えるところは完全に剥がれてしまっているところで表面はネバネバしています。

もし注射器のようなもので接着剤を注入しても天井の表面も生地もネバネバですので定着しません。

というわけで古い生地ははがします。

そして溶剤でネバネバを除去します。

クリーニングは地味で大変ですが手を抜いてはいけない作業です!


ピッカリ~ン!

スッキリ爽やかになって喜んでいただけました!

欧州車などに多い天井の垂れ下がりやめくれは日本の高温多湿が原因のようです。

剥がれ始めたら戻りませんので早めの施工をおすすめします。